一粒 山査子2020年10月13日

山査子
今年花付が悪く
孤立無援とばかりに
深紅の実を鮮やかに誇示する
山査子

山査子
薬味薬性:酸 微温 脾 胃経に入る
 消化を助け、食欲不振や腹部膨張感を解消する働きがあり啓脾湯に配合されている。
古方の薬味ではなく配合処方は少ない。
もっぱら薬膳、薬膳茶、薬膳酒などにも用いられている。

シソの実2020年10月01日

紫蘇の穂
刺身の薬味としても欠かせない穂紫蘇

本朝食鑑には
「9月半ば(旧暦)に枯れた時、子を収穫する。子は細かく芥子のようで黄赤色をしている。あるいは、紫蘇子も荏(えごま)油のような油が採れるという。~中略~子も醃(塩漬け)にしたり乾したりするが、いずれも愛すべきものがある。」

本草綱目の蘇 子には
気味:「辛し温にして毒なし」
主治:「風を治し、気を順にし、膈を利し、腸を寛にし、魚蟹の毒を解す」時珍
発明:「時珍曰く、蘇は子と葉と功力は同じであって、風気を発散するには、葉を用いるとよく、上、下を清利するには子を用いる。」
漢方薬では、この使い分けの実際として、虚証に使われる風邪の漢方薬に、香蘇散、参蘇飲がありいずれも紫蘇葉が配合されている。また紫蘇子が配合された漢方薬には、蘇子降気湯がある。

<筆者注>
風=風寒暑湿燥火の六淫の首位で、病の原因となるもので、百病の始まりは風といわれる
膈=食道、気管
風気=風邪
清利=熱をさまし気を通利させる

シソの花2020年09月22日

シソの花
様々な料理に欠かせない薬味の一つ
魚の毒消しにワサビと共に刺身には欠かせない
てっさに紫蘇のみはマストアイテム
本草綱目にも「解魚蟹毒」とある

薬味薬性:辛温 気剤
名医別録には「味辛温、気を下し寒中を除くを主る。其の子尤も良し」
シソの葉は、漢方薬の薬味としても重要で その代表的な処方は、半夏厚朴湯
ストレスでうっ滞した気滞を下してくれるありがたい処方
また、シソの実を使った処方に蘇子降気湯がある

とにかく家庭菜園には持ってこいで 虫がつかないし手間がいらずで便利

バジルの花2020年09月22日

バジルの花
トマトを使った料理には欠かせない 香り際立つバジル
花が咲き始めました

假蘇 シソ科 和名:めぼうき

気味:辛温

赤オクラの花2020年08月13日

赤オクラの花
赤オクラの花が咲き始めました
さてさて実が大きくなるのが楽しみ
苗植えが遅かったので旬が秋口になりそう

ジャーマンカモミール2020年07月06日

ジャーマンカモミール
ジャーマンカモミールの種を鉢に播いたのは3月
2週間まえより可愛い白い花をつけた
ハーブには大振りで華美な花は少ないが 独特で個性的な芳香があり、ことジャーマンカモミールには 可愛い魅力がいっぱい
次はこぼれ種が雑草のようにたくましく咲くのも楽しみの一つ

ヒヨドリ襲来2020年07月04日

ヒヨドリ
梅雨の合間ヒヨドリ襲来
夕げの食卓にのぼるはずだった プチトマト
「ごちそうさま」といわんばかりに 美味しそうについばむ 自然の摂理か、早い者勝ち
無農薬でよかったね

当帰 すくすくと成長2020年06月24日

当帰
種まきして約2か月
すくすくと育っています
当帰らしい葉っぱになってきました

薬性提要には
「味甘温、血を補い、燥を潤し、内寒(内臓の冷え)を散じ、諸瘡瘍を主る」とある
当帰は、経脈を温めて血を補い気血を調和する力がある

薬性提要は、徳川11代将軍 徳川家斉に侍医を務めた多紀元簡が著したもの

コリアンダーの花2020年06月19日

コリアンダーの花
コリアンダー

和名「コエンドロ」
かつては胡荽(こすい)・香菜と呼ばれ、 最近ではもっぱらパクチーの名が通っている
葉は、独特の香り(臭気?)があり タイ料理や中華料理に使われ、好みの分かれる香り

しかし、種子は、スパイスのコリアンダー
香りは、レモンに似た柑橘系のスパイシーな香りで スパイシーカレーには欠かせない

本草綱目には
葉  気味:辛温
   主治:穀物を消化し、五臓を治し、不足を補し、大小腸を利し少腹の気を通じ、四肢の熱を抜き頭痛を止め~云々

子  気味:辛酸平
   主治:穀を消し、食を能くする

菜園ガーデニング ルッコラ2020年05月27日

ルッコラ
イタリアンには欠かせないルッコラ

専らサラダでいただいてますが
目でも楽しませてくれます。

ロケット、キバナスズシロ
スズシロだからアブラナ科の大根の仲間
少しピリッと辛味がありサラダにぴったり