白キキョウ2020年08月25日

白桔梗
訥々とそして息長く
秋に向けて咲き続ける
白桔梗
炎天下の中、純白の清涼をありがとう

白色クレマチス2020年08月25日

クレマチス
処暑に咲く鉄線
お盆頃から蕾をつけ
この暑さの中、ニ度目の花を見せてくれました

6月28日ブログ クレマチス

ホウジロ 飛来2020年08月04日

ホウジロ
芝生に中にいる虫を捕食しに来たのか
芝生の中を探索中
しっかり食べていっておくれ

ウスバキトンボ2020年08月02日

ウスバキトンボ
上郡に移住し初めての夏
気が付いた一つに蚊が少ないこと
そしてトンボが沢山いること

トンボは蚊やハエを捕食するし、ヤゴの時にはボウフラを食べる そんなトンボのお陰で蚊が少ないのかな

いつまでも自然豊かな上郡であって欲しい
そんな思いにふける夏の夕暮れ

ヒヨドリ襲来2020年07月04日

ヒヨドリ
梅雨の合間ヒヨドリ襲来
夕げの食卓にのぼるはずだった プチトマト
「ごちそうさま」といわんばかりに 美味しそうについばむ 自然の摂理か、早い者勝ち
無農薬でよかったね

キキョウとミツバチ2020年07月01日

キキョウとミツバチ
「紫のふっとふくらむ キキョウかな」 子規

英名でBallooon fiower

とまさに蕾の状況が風船のように膨らんで
ぱっと開花する姿が目に浮かびます

ミツバチでしょうか花粉もしっかりと蓄え蜜を吸っています。

漢方芍薬堂の庭で撮影

涼を求めて2020年06月30日

涼を求め
梅雨の中休みに涼を求めて

しばし木漏れ日に癒され

里山のオアシス

一生に三本あれば足りる棕櫚箒2020年06月24日

棕櫚箒
「一生に三本あれば足りる」
といわれるほど耐久性に富む棕櫚箒
紀州の棕櫚箒職人が棕櫚皮の一束一束 を吟味し、銅線巻きの位置やしめ具合を 決めて仕上げていくためかなりの熟練を要し、天然素材の良さを生かしつつ、いかに掃きムラのない箒を作り上げるかが職人の腕の見せどころとある

掃除機のような音や空気中に埃を舞いあげることなく効率よく掃除できるだけでなく棕櫚には油分があるのでワックスとは違った天然のツヤ効果があるのも魅力的

「不便な中に便利さにはないものがある」
ふと、忘れかけていた言葉を思い出す
これから始まる長いお付き合い

キキョウ一番咲き2020年06月21日

キキョウ
今年一番目のキキョウの花
キキョウの根は重要な漢方生薬

吉益東洞「薬徴」には
桔梗 「濁唾腫膿を主治する」とあり
去痰作用、排膿作用の主薬で多くの処方に配合されている

秋の七草の一つ
清楚ですっきりとした花姿が美しい

金銀花2020年06月17日

金銀花
梅雨入り前に出会った金銀花
初夏に白色の花が咲き2~3日すると黄色の花へと変わり。
金と銀が織りなすことから名づけられた。

漢方薬では、茎葉を「忍冬」として、蕾を「金銀花」として
解熱、消炎、利尿目的で使います。

忍冬を配合した処方には
紫根牡蛎湯、治頭瘡一方など
金銀花を配合した処方には
荊防敗毒散、千金内托散などがある。