一生に三本あれば足りる棕櫚箒2020年06月24日

棕櫚箒
「一生に三本あれば足りる」
といわれるほど耐久性に富む棕櫚箒
紀州の棕櫚箒職人が棕櫚皮の一束一束 を吟味し、銅線巻きの位置やしめ具合を 決めて仕上げていくためかなりの熟練を要し、天然素材の良さを生かしつつ、いかに掃きムラのない箒を作り上げるかが職人の腕の見せどころとある

掃除機のような音や空気中に埃を舞いあげることなく効率よく掃除できるだけでなく棕櫚には油分があるのでワックスとは違った天然のツヤ効果があるのも魅力的

「不便な中に便利さにはないものがある」
ふと、忘れかけていた言葉を思い出す
これから始まる長いお付き合い

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://syakuyaku.asablo.jp/blog/2020/06/24/9261143/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。