花王 一番咲き2020年04月05日

牡丹
牡丹の一番咲き

一輪だけ春の陽気に誘われ開花

花王の名にふさわしい花姿

ゴールデンウイークの頃には各地の牡丹園が見ごろかな



「立てば芍薬 坐れば牡丹」

牡丹は花王、芍薬は花相といわれ、漢方薬の重要な生薬

共に根を薬用とするがそれぞれ働きの違いがあり使用目標が違う

牡丹は「辛寒の血剤」 芍薬は「苦平の水剤」

それぞれの使用目標を決定するのは腹証

牡丹皮証の腹証と芍薬証の腹証は違いがあり、それぞれの腹症は、日本漢方全盛期の江戸時代に確定された日本漢方の特徴である

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://syakuyaku.asablo.jp/blog/2020/04/05/9231778/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。