桜と漢方2020年03月10日

桜は、日本を代表する花

日本固有のバラ科の樹木

お花見、桜餅、桜湯(桜茶)、木工細工

昔からなじみ深いものがありますが

実は、樹皮が桜皮という生薬名で漢方薬に使われている

華岡青洲創薬の処方「十味敗毒湯」 に桜皮(オウヒ)が配合されている

春 陽の気が盛んになり、人は活動的になる

時には、桜の花の下でまったりとした時間を味わいたい



漢方芍薬堂

「日々塩梅」漢方芍薬堂の薬膳

#桜皮 #オウヒ #お花見

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://syakuyaku.asablo.jp/blog/2020/03/10/9222789/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。