赤穂 坂越 牡蠣2020年01月06日

冬の赤穂市と言えば「牡蠣」
坂越の牡蠣は身がぷりっとして熱を加えても身が小さくならない。
臭みがなく濃厚な味わい。

牡蠣殻は言うまでもなく漢方生薬の一つ
生薬名は、ボレイ(牡蠣)

薬味薬性:鹹平 気剤
竜骨と組み合わせることで、陰陽幅広く応用出来る二味の調和となる。
日本漢方古方家が用いる重要生薬です。

漢方芍薬堂

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://syakuyaku.asablo.jp/blog/2020/01/06/9220845/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。